田口容疑者ら勾留延長、小嶺容疑者はいったん認めない決定も

[ 2019年6月1日 05:30 ]

田口淳之介容疑者
Photo By スポニチ

 東京地裁は31日、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたアイドルグループ「KAT―TUN」の元メンバー田口淳之介容疑者(33)と元女優小嶺麗奈容疑者(38)について、今月5日までの勾留延長を認める決定をした。勾留期限はいずれも2日だった。

 小嶺容疑者について地裁は31日、いったん勾留延長を認めない決定をした。東京地検の準抗告を受けて、この決定を取り消し、改めて3日の延長を認める決定をした。

 捜査関係者によると、田口容疑者は「約10年前から大麻を使っていた」と供述しており、常習していた可能性があるという。

 2人は5月22日午後1時45分ごろ、一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻数グラムを所持したとして、関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年6月1日のニュース