樹木希林さん「一切なりゆき」累計50万部突破!山崎努「この喝采受ける本人がもういない。希林らしいね」

[ 2019年1月23日 19:01 ]

樹木希林さんが残した言葉を編んだ「一切なりゆき」
Photo By 提供写真

 昨年9月に惜しまれつつ75年の生涯を閉じた樹木希林さんが残した154の言葉を編んだ「一切なりゆき」(文春新書)の重版(8刷)が決定し、累計発行部数が50万部となったと23日、文芸春秋社が発表した。

 12月20日の発売直後から全国的に大きな話題となり、年明けから売行きがさらに増したため。希林さんが出演した映画「万引き家族」も第91回アカデミー賞の外国語映画部門にノミネートされ。注目が集まっている。

 親交のあった作家の下重暁子さんは「死を受け入れて生を全うした人の言葉は重い」、俳優の山崎努は「この喝采(かっさい)、受ける本人がもういない。希林らしいね」とメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月23日のニュース