仲邑菫さん 韓国訪問「世界で戦える棋士に」、女流トップと対局へ

[ 2019年1月23日 05:30 ]

同年代の女児と対局する仲邑菫さん=22日、ソウル
Photo By 共同

 4月に史上最年少の10歳で囲碁のプロになる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が22日、ソウルで記者会見し「世界で戦える棋士(になりたい)」などと語った。

 7歳の時から韓国に通って修業を積んでおり、プロデビュー前に指導してくれた棋士らにあいさつするため訪韓。韓国で修業して強くなったかとの質問には笑顔でうなずいた。23日にはソウルで女流世界トップの崔精九段(22)と記念対局。崔九段は国際棋戦で優勝を重ね、世界2強の一角と目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月23日のニュース