木竜麻生 女相撲力士役でスポニチGP新人賞、負けん気と覚悟の大輪

[ 2019年1月23日 05:30 ]

2018年毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞

笑顔を見せる毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞の木竜麻生(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 2018年毎日映画コンクール(第73回)の各賞が22日、決定した。きらりと光った新星に贈られるスポニチグランプリ新人賞には「教誨師(きょうかいし)」の玉置玲央(33)と「菊とギロチン」の木竜麻生(24)が選ばれた。表彰式は2月14日、川崎市のカルッツかわさきで行われる。

 劇中の得意技は「内無双」だったが、最終選考会ではライバルたちを一気に土俵の外に押し出してみせた。満票。鮮やかな勝ち名乗りだ。木竜は「身が引き締まる思いです」と喜びをかみしめた。

 対象作「菊とギロチン」は瀬々敬久監督(58)が30年来の構想を映画化。監督の情熱をひしひしと感じた現場で、「10年先でも、20年先でも、またご一緒できるタイミングがあったらうれしい。そう思わせてくれる作品でした」と語った。

 関東大震災直後の大正末期が舞台。女相撲一座と、実在したアナキスト集団「ギロチン社」の青年たち。強くなって自立を目指す娘たちと、差別のない世界の実現に意気込む若者たちが交錯して展開する青春群像劇だ。

 乱暴な夫と貧しい農家の暮らしから逃れて女相撲一座に入った「花菊」役をオーディションでつかんだ。4次面接まであったが、「進んでいくにつれて“ここでは落ちたくない”という思いが強くなっていった。ちょうど就職活動の時期。私は大学3年の時に“就活”はせず、この世界で頑張れるところまで頑張ると決めていました」と話したが、この負けん気と覚悟がいい。

 撮影前には日大相撲部に通い、股割り、すり足など基礎練習に励んだ。そんな努力が実を結び、身も心もたくましく映っていく。

 「女相撲の興行は奇異な目で見られたりした。花菊もそうですが、それを感じた上で、世の中と戦っていくのは純粋でかっこいいと思う。私も東京に出て来て初めて知ることや、先輩たちから教えてもらったことがたくさんあった。花菊が玉岩興行に入って感じたことと通じるところがあったと思います」

 賞を糧に飛躍を誓う。「いっぱいいっぱいになりながらもスタッフや共演者の皆さんに助けてもらって参加できた作品で新人賞を頂けたのは、今後に向けて背中を叩かれている気持ちになれます」

 女優人生は始まったばかり。「見てくださる皆さんが“頑張ろう”とか、逆に“頑張らなくていいんだ”とか何かを感じてくださるような作品に関わっていきたい」と意欲を示す。大輪の花を咲かせる日も遠くない。そう思わせる逸材だ。

 ◆木竜 麻生(きりゅう・まい)1994年(平6)7月1日生まれ、新潟県出身の24歳。14歳の時に観光で訪れた東京・原宿でスカウトされ、大学進学を機に本格的に女優活動を開始。小・中と新体操をやっており「鈴木家の嘘(うそ)」で片りんを見せた。

 ☆第73回毎日映画コンクール表彰式☆

 【オープニングセレモニー】2月14日(木)午後2時から約30分間、表彰式の前に受賞者によるオープニングセレモニーを行います。会場は川崎市川崎区の「カルッツかわさき プラザ」です。受賞者たちの喜びの姿を観覧できます。

 【テレビ放送】BS12 トゥエルビで3月3日(日)午後4〜5時に表彰式の模様を放送します。どうぞご期待ください。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月23日のニュース