市原悦子さん告別式 ベンガルしみじみ「いつも緊張していた」

[ 2019年1月19日 05:45 ]

市原悦子さんの告別式に参列したベンガル(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 心不全のため12日に82歳で死去した女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名塩見悦子=しおみ・えつこ)さんの葬儀・告別式が18日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれ、芸能関係者、ファン合わせて約500人が最後の別れを告げた。

 俳優のベンガル(67)は「鬼気迫る演技で、しっかり(役を)つくってくる方なので、下手なことはできないといつも緊張していた。常に市原さんの声の聞こえるところにいて、いろいろと勉強させてもらいました」としみじみ語った。

 朗読会で共演したことのあるフリーアナウンサーの赤江珠緒(44)は「すべての役、作品に命を込められる凄い方。誠実にお仕事をする方で私も見習っていきたい。永遠のファンです」と声を詰まらせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月19日のニュース