市原悦子さん告別式 中尾彬「肉まんみたいな人でした」人柄語る

[ 2019年1月19日 05:30 ]

市原悦子さんの告別式に参列し、思いを語った中尾彬と池波志乃(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 心不全のため12日に82歳で死去した女優の市原悦子(いちはら・えつこ、本名塩見悦子=しおみ・えつこ)さんの葬儀・告別式が18日、東京・青山葬儀所でしめやかに営まれ、芸能関係者、ファン合わせて約500人が最後の別れを告げた。

 市原さんとの共演が多かった中尾彬(76)、池波志乃(63)夫妻も参列。約50年の交流があった中尾は「あったかい肉まんみたいな人でした」と独特の言い回しでその人柄を表現。「温かくてホカホカしていて、割るとあんなのか肉なのか分からない。色白でねえ。そんな感じの人です」と説明した。「セリフを半拍ずらしたかと思えば、機関銃のようにまくし立てる。そういうのが毎回楽しみでした」と思い出を吐露。そして「いろんな女優と共演した中で一番楽しい人でした。ただただ、感謝です」としのんだ。

 2003年の市原さんの初主演映画「蕨野行」の恩地日出夫監督(85)が弔辞。1957年の映画「雪国」の衣装合わせで初めて会った際「太った芸者」役の市原さんが着物の下にタオルを詰め一生懸命太ろうとしていた姿に「原節子さんをはじめ美人女優ばかりの撮影所に食傷気味だったので、こういう女優さんもいるんだと思った」と述懐した。後年、その話をした時には「“どうせ私は不美人ですよ”と言って、笑っていた」という。以降60年余にわたり仕事を共にし、特に新人を起用する際は市原さんが不可欠の存在。79年のテレビ朝日「戦後最大の誘拐 吉展ちゃん事件」では、ドラマ初主演となる泉谷しげる(70)を抜てきしたが「相手役が市原さんじゃなかったら、彼を使う勇気はなかった。いつも、悦ちゃんが何とかしてくれるだろうという甘ったれた思いで仕事をしていました」と盟友に感謝した。

 ◇主な参列者 中尾彬、池波志乃、ベンガル、林遣都、相島一之、赤江珠緒、南部虎弾、綿引勝彦、恩地日出夫、野村昭子=順不同、敬称略=

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月19日のニュース