ドラゴンボール超 米加で1位に、日本アニメ映画20年ぶり快挙

[ 2019年1月19日 06:30 ]

 「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(監督長峯達也)が現地時間16日に米国とカナダの1250スクリーンで公開され、封切り初日の興行収入が703万ドル(約7億7000万円)を記録、ボックスオフィスのデーリーランキングで1位を獲得した。

 日本のアニメーション映画としては1999年公開の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」以来20年ぶりの快挙。東南アジアや南米でもヒットしており、「ドラゴンボール超」旋風が世界に吹き荒れている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月19日のニュース