博多華丸 主演映画初日迎え「初甲子園の球児の気持ち」

[ 2019年1月19日 05:30 ]

映画「めんたいぴりり」の初日舞台あいさつに出席した(左から)バッドボーイズ佐田正樹、博多大吉、増永成遥、三時聡真、博多華丸、富田靖子、豊嶋花、でんでん
Photo By スポニチ

 「博多華丸・大吉」の博多華丸(48)が18日、都内で行われた主演映画「めんたいぴりり」(監督江口カン)の初日舞台あいさつに出席した。

 日本で初めて明太子(めんたいこ)を製造・販売した「ふくや」創業者・川原俊夫氏の生涯を基にした物語。13年にテレビ西日本でドラマとして制作され今回が待望の映画化。華丸は「初めて甲子園に出た高校球児の気持ちです。大阪桐蔭は『マスカレード・ホテル』です」と同日公開のライバル映画を引き合いに出し笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月19日のニュース