なぜ?千秋が古市憲寿氏の家で“大断捨離”「あっという間にお洒落寝室に変身」

[ 2019年1月19日 20:14 ]

タレントの千秋
Photo By スポニチ

 タレントの千秋(47)が19日、インスタグラムなど自身のSNSを更新。社会学者で、16日に初小説「平成くん、さようなら」が芥川賞受賞を逃した古市憲寿氏(34)の大規模な“断捨離”を手伝ったことを報告した。

 千秋は「古市宅で大断捨離。ソファもテーブルも布団も電化製品も使わないものをみんなでバッサバッサ」と、友人たち総出で古市氏自宅の片づけをしたことを報告。「あっという間にお洒落寝室に変身。ビフォーアフター撮っとけば良かった」と後悔?もまじえてつづった。

 テレビ番組でコメンテーターも務める古市氏は初小説「平成くん、さようなら」が芥川賞候補6作品にノミネートされたが、16日の選考会の結果、落選。直後に更新した自身のツイッターで「がーーーーーん」とだけ短くつづり、翌17日には「とりあえず! 友だちと家の断捨離をした」「もりもり断捨離」「今日も遅くまで友だちがいてくれた」と3連続ツイートしていたが、手伝ってくれた友人の1人が千秋だったようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月19日のニュース