本郷杏は「日本一の恥ずかしがり女子」、テレビ番組が命名 本心は「見られたくない…でも売れたい」

[ 2018年8月20日 08:30 ]

スポニチ東京本社編集局で四方八方からスマホのカメラを向けられ、恥ずかしがる本郷杏(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 【熱いぜ!!ビキニ娘(5)】「人生で一番恥ずかしいです…」と、顔を真っ赤にさせたのは本郷杏(26)。スポニチ編集局を訪れると、その場で服を脱いで水着姿に。鼻息の荒いおじさん記者たちにスマートフォンを向けられながら、ハニかんだ笑顔を見せた。とびっきりの恥ずかしがり屋さん。恋人相手にも「手をつなぐと緊張して汗が出ちゃって。“汗に気付かれた”と思うともっと恥ずかしくなっちゃう」という極度のものだ。昨年、その姿がテレビ東京「ゴッドタン」で放送され「日本一の恥ずかしがり女子」と命名された。

 「恥ずかしい、見られたくない。でも、売れたいんです。矛盾してますよね」。とはいえ、恥ずかしがるしぐさは男のイタズラ心をくすぐるもの。“日本一矛盾するグラドル”としてのブレークが期待される。

 ◆本郷 杏(ほんごう・あん)1991年(平3)10月17日生まれ、北海道出身の26歳。学生時代から地元でタレント活動を開始。16年に上京し、グラビア活動を本格スタート。今年6月に「本郷杏奈」から改名。1メートル65。B85・W57・H88。カップサイズはD。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年8月20日のニュース