元「SMAP×SMAP」プロデューサーが手がける世界初Vtuber歌劇団「麻布台歌劇団」が始動!

[ 2018年8月20日 10:00 ]

Vtuber歌劇団「麻布台歌劇団」のメンバーに選ばれたVtuberたち
Photo By 提供写真

 「SMAP×SMAP」など人気バラエティ番組を担当した元フジテレビプロデューサーの笹川正平氏が総合プロデュースを務めるVtuber歌劇団「麻布台歌劇団」の配信が、20日の午後10時からYoutube公式チャンネル「麻布台歌劇団チャンネル」から配信される。

 Vtuberとはバーチャル・ユーチューバーの略語で、動画配信サービス「Youtube」などで動画配信を行う架空のキャラクターの通称。3Dアニメーションで制作され、「声」と「人格」を持って視聴者に語りかける。日本では2016年に制作された「キズナアイ」で有名になった。

 Vtuberが歌劇団として活動するのは世界初の試み。プロデューサーの笹川氏は「歌劇には、常に“愛”と“夢”があり、いつか自分自身で歌劇団をプロデュースすることが小さい頃からの夢でした」と今回の企画の思いを明かし、「テレビでは出来ない共生型エンターテインメントを作り上げたいと思います!」と意気込んでいる。

 第1期生として12名のVtuberが選出され、男役選抜試験1位の「天城ラウル」と娘役選抜試験1位「白雪マイラ」が戦陣をきって放送を開始する。配信では、様々な世代の最新コンテンツから懐かしのテレビや映画、雑誌、玩具、マンガなどについてバラエティーに富んだVyuberたちが放送をする。

 今後は、「Youtube」の配信だけでなくコンサートやファンイベントなども実施する予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2018年8月20日のニュース