たむけん 阪南市の初代ふるさと大使に就任 市長と「Wけんじで行きます」

[ 2018年8月20日 16:08 ]

「阪南市ふるさと大使」に就任したたむらけんじ(左)に名刺を手渡す阪南市・水野謙二市長
Photo By スポニチ

 お笑い芸人・たむらけんじ(45)が20日、「阪南市ふるさと大使」に就任。記念式典に出席し「初代大使に就任しました。阪南市出身の芸人は星田英利さん、辻本茂雄さん、和泉修さん、ドランクドラゴンの塚地武雅がいるのに。それをおさえて就任。光栄です」と得意げに話した。

 当初は6月20日に就任式典を予定していたが、6月18日に発生した大阪北部地震と、当日朝に各地で大雨による避難指示や避難勧告が発令されたことを受け、式典は無期限延期となっていた。2カ月遅れで地元・阪南市のふるさと大使に就任したたむらは19歳まで在住。同市・水野謙二市長(64)と「Wけんじで行きます」と笑いを誘い、「(大使の)名だけにならないように、ガンガンいきます。やり過ぎで怒られるかも」とやる気満々だ。また、就任に伴い、自身の経営する「炭火焼肉たむら」の商品の肉やカレーを「阪南市ふるさと納税」の返礼品として提供することも決定。ふるさと納税のPR以外にも、阪南市の魅力発信に力を貸すつもりだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月20日のニュース