美山加恋 2年連続アン役 ダイアナ役のさくらまや「今年こそは皆さんに恩返し」を

[ 2018年8月20日 21:07 ]

共演者と意気込む左から2列目のさくらまや(2人目)と美山加恋(3人目)
Photo By スポニチ

 日用雑貨メーカーのエステーがミュージカルに親しんでもらうために毎年開催している「TOURSミュージカル赤毛のアン」の福岡公演が20日、福岡市民会館で行われた。

 女優の美山加恋(21)が主人公のアン・シャーリー役を2年連続で務める。「去年、すごく全力でやり切った思い出があって。今年もあれ(昨年)を超えなけゃいけないし、またいい味を残していかないといけない」と気合いが入っている。

 ダイアナ・バリー役のさくらまやは「最初の年からからずっと迷惑をかけ続けてきて。今年こそは皆さんに恩返しができるようにと思ってやっている。まだ、できてないけど」と苦笑い。「できてるよ!」と美山がフォローすると、さくらは「ダンスを間違えてる部分がある。頑張ります」と意気込んだ。

 さくらは先月26日に20歳になり、稽古場でケーキで祝福された。「加恋とかほかの共演者のみなさんが、おすすめのお酒を教えてくれますね」と話す。公演中のため、現在は禁酒中。モツ鍋と飲んでみたいお酒を問われると、「加恋が日本酒とか、いろいろおいしいと教えてくれる。最終公演後の打ち上げで一口飲みたいと思います」と笑顔で話した。

 15日に全国8都市を回る公演はスタートしており、福岡での公演は3公演目。31日の名古屋が最終公演となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月20日のニュース