BEGIN主宰の恒例音楽フェス 沖縄で開催 kiroroも出演

[ 2018年6月25日 06:00 ]

「うたの日コンサート」に出演した「BEGIN」の(左から)上地等、島袋優、比嘉栄昇
Photo By 提供写真

 3人組バンド「BEGIN」が主宰する音楽フェス「沖縄からうた開き!うたの日コンサート」が24日、比嘉栄県嘉手納町の兼久海浜公園で開かれた。

 01年から毎年開催しており、ボーカルの比嘉栄昇はオープニングで「皆さん!うたの日、おめでとうございます!もはや何回、と数えることも意味がないのでは?とも思いますが、20回が近づく中、お盆やお正月みたいに今年も当たり前のようにやってくるものがうたの日コンサートです」と話し、今年も開催に至ったことを喜んだ。

 15年からはプロのミュージシャンをメインにしたイベントではなく、「観客も出演者」をテーマにしている。今年は地元のエイサー隊、フラダンスチームなど多くの一般の人々が参加。沖縄出身の女性デュオ「kiroro」も出演した。

 今年は「ブラジル日本移民110周年」。1908年、沖縄から海外に希望を求めた人々が笠戸丸で航海に旅立ち、ブラジル・サントス港に着いてから110年。これを記念して、ブラジルのリズムを取り入れた「マルシャ ショーラ」が60分演奏された。日系移民が愛した曲に観客も総立ちで、会場とステージが1つになった瞬間だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月25日のニュース