アッコ 長引く日大アメフット問題に「おまかせ33年やってますけど…」

[ 2018年5月27日 13:13 ]

歌手の和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(68)が27日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に出演。学生アメリカンフットボールの試合で日大選手が関学大選手に悪質なタックルを行った件にコメントした。

 番組冒頭、和田は「こんなことで1週間毎日ですよ。国会でもこんなにやんないよ。すごい。それも全部違う人が」と“悪質タックル”について記者会見や謝罪会見などが絶えないことに首をかしげた。番組出演していたヒロミ(53)は「出てくる人が出てくる人がまた反感を買ってしまうというか…」と話した。

 和田は「みなさんの会見はだいたい見ました」と切り出し「どっちも言ってことは合ってるような気もする。選手が出てくるのって滅多にないじゃないですか。そうするとすごいなと思って“大人が嘘ついているのか”って言うけど…。(宮川選手は)やっちゃいけないことやっちゃってるからねぇ」と宮川選手(20)や内田前監督(62)と井上前コーチ(30)が行った会見での食い違いについて感想を話した。

 ただ、23日に行った内田前監督と井上前コーチが謝罪会見で「正直」という言葉を計55回も使ったことから、和田は「監督とコーチは正直覚えてないことが多いですね」とバッサリ。

 長い期間にわたって報じられていることからも「内田さんだって井上さんだって、ご家族あると思うんですよ。家族も大変ですよ」と気をつかい、スタジオも納得していた。

 最後は「アッコにおまかせ33年やってますけど、こんなひとつのネタをずっとやることってないよ」とコメントし締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月27日のニュース