椎名林檎、全楽曲の定額制配信サ―ビス開始 4年ぶりアリーナツアーも決定

[ 2018年5月27日 20:00 ]

デビュー20周年を記念し、全楽曲のサブスクリプション型(定額制)配信サービスの開始と約4年ぶりのアリーナツアーを開催する椎名林檎
Photo By 提供写真

 歌手の椎名林檎(39)がデビュー20周年を記念し、全楽曲のサブスクリプション型(定額制)配信サービスの開始と、約4年ぶりのアリーナツアーを開催することが27日、分かった。

 27日に約3年ぶりのホールツアーの千秋楽を迎えた椎名。デビュー20周年のこの日、デジタル限定配信作品を含む全188曲のサブスク・ストリーミング配信がスタートすることが発表された。

 さらに約4年ぶりのアリーナツアーとなる「椎名林檎 生林檎博’18―不惑の余裕―」の開催も決定。10月20、21日の静岡エコパアリーナ2日間を皮切りに、11月30日の福岡マリンメッセまで4都市8公演を行う。

 また、WOWWOWでは7月29日に、2015年以来となる全国ツアー「椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯」より、東京・NHKホール公演の模様を独占放送。20周年を祝う企画も目白押しのステージに注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年5月27日のニュース