さんま、高校後輩・城島茂が気がかり「真っ先に連絡を…」それでも自重のワケ

[ 2018年4月29日 12:43 ]

お笑いタレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(62)が28日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。TOKIOの山口達也(46)が強制わいせつ容疑で書類送検された件を受け、グループのリーダーで、高校の後輩にあたる城島茂(47)への思いを口にした。

 同じ出身地の芸能人について話題になり、「田舎の学校とか同じ高校というだけで親近感がわくもの」と話した、さんま。そのうえで「俺は、TOKIOの城島が大丈夫かとか…。奈良出身で、同じ高校やねん、あいつ。後輩になんねん」と自身が城島の高校の先輩にあたることを明かし、今回の山口の不祥事に触れた。

 「山口君のことがあった時に、一番真っ先に城島に連絡を取ってあげようかと思ってしまう」と、後輩を気に懸けてしまうと説明。ただ、「俺がごちゃごちゃ口出すと、またややこしいことになる」として「グッと抑えているんやけどな。今は変な行動とらんようにしてるんやけども」と自重していると話した。

 また、TOKIOについては、過去に「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)で共演していたことから「仲が良い」とも。それだけに「昔戦ってくれたメンバーたちやから、頑張ってほしいし、他のメンバーには山口のいない穴を埋めてほしいな」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月29日のニュース