東山紀之 飲酒について山口達也に注意したことも…「周りにいた僕らにも責任」

[ 2018年4月29日 08:09 ]

少年隊の東山紀之
Photo By スポニチ

 少年隊の東山紀之(51)が29日、MCを務めるテレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁に強制わいせつ容疑で書類送検され、無期限謹慎処分となったTOKIOの山口達也(46)について言及。飲酒について過去に注意していたことを明かした。

 山口は飲酒が原因で1カ月入院。退院直後にまた飲酒し、泥酔して事件を起こした。当日の酒量は焼酎1本程度だという。以前は東山の自宅で山口と同居していた時期もあるとし、「何回かお酒のことで注意したことは記憶にあります。どっちかというと、飲まれてしまうタイプなのかなと思う」と、飲酒について過去に注意をしていたことを告白した。

 山口が16年に離婚を経験していることにも触れ、「やっぱり寂しいということが強かったのかな、お酒に逃げるというか。 子供たちにも会えないという、寂しさもちょっとはわかっていたが、こういう形になるとは夢にも思っていなかった」と複雑な表情。「本人の甘さも含めて、周りにいた僕らにも責任がある。その寂しさに気付いてあげられなかったのは残念」と続けた。「46歳という年齢、いい大人ですから。注意するというところにはいかなかった。もっと次元の違うところでお話がしたかった」と悔しがった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月29日のニュース