たけし 嫌なことがあると「本の中にそいつの悪口」「ざまあみやがれ!」

[ 2018年4月4日 13:14 ]

WONDA2018年ブランド戦略発表会で険しい表情を見せるビートたけし
Photo By スポニチ

 事務所独立騒動の渦中にあるビートたけし(71)が3日、都内で行われた缶コーヒー「WONDA」新CM発表会にCMで共演する劇団ひとり(41)、「ハライチ」澤部佑(31)、「オードリー」春日俊彰(39)とともに登場。たけしが事務所独立騒動後、公の場に登場するのは今回が初めて。

 たけしとひとり、澤部の3人は同CMへの出演は3年目。たけしは「よく降ろされないな、ワンダの社長、会長に本当にお礼を言いたい。普通だったらとっくにクビですけどね」としみじみ。今回の新CMで春日が新加入した。

 今回のキャンペーンのテーマが「人生楽しんだもん勝ち」ということで、MCから落ち込んだ時に前向きになる方法を聞かれ、たけしは「俺は楽しむほう。どうして落ち込むんだろうと思う」とキッパリ。「どうせみんなくたばるんだから、50年生きているわけねぇからって思うから」とし、「生きることは大切だけど、人生何十年っていっても、それ以上に激しく動いたほうがいい。だから、ちょっと嫌なことがあると、急に仕事したくなる、本書いたり。たまに、本の中にそいつの悪口入れたり。ざまあみやがれ!と思う」とぶっちゃけた。

 さらに、新社会人へのメッセージを求められ、たけしは「一生懸命やったことを、みんなに分からせるための、わざとらしい行為は良くない。あいつ遊んでいるなと見えて、努力しているなと思わせるような人になってほしい」とエール。春日は「いろんなことをやりたいとは思っていると思うが、結局、言われたことをしっかりやっていれば、うまいこといく。私も自分の意見を一切言わずに、全部やってきたらこの地位を築けた」と持論を展開。「ボディービルやってくれとか、フィンスイミングやってくれ、レスリングやってくれ、東大受験してくれ、全部のノーも言わずに。お笑いも若林くんに誘われたわけですから、全部受け身でやってきてココ」と胸を張り、「自分で自発的にやっているのは呼吸ぐらい。あとは全部人から、与えくれますから、それをやり切るということ」とアドバイスを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース