ブルゾンちえみ ノーバン始球式!京田とは登場曲つながりの縁「文通相手みたいな変な感覚」

[ 2018年4月4日 18:11 ]

<中・巨>ファーストピッチセレモニーで京田(手前)を相手に投げるブルゾンちえみ
Photo By スポニチ

 芸人のブルゾンちえみが4日、ナゴヤドームで行われた中日―巨人戦で始球式を務めた。

 中日の京田がブルゾンちえみがネタで用いる楽曲、オースティン・マホーンの「ダーティ ワーク」を登場曲に使用している縁で今回の登板が実現。

 背番号35のユニホームでマウンドに上がると、スタンドからは「35億!」の大歓声。打席に立った京田の内角へ山なりながらノーバウンドで投げ込み、拍手喝采を受けた。

 球場の球速表示はもちろん「35億キロ」。ブルゾンちえみも登板後、「35億点です」と満面の笑みで答え、笑いを誘った。

 京田は1年目の昨季から同曲を使用し、新人王を獲得。この日、初対面したブルゾンちえみは「ファンの方から、京田選手が使っているというのはSNSを通じて連絡をいただいていた。お会いする機会がなくて、文通相手みたいな変な感覚。やっと会えました。一緒に戦っている気持ちになりました」とにっこり。

 開幕4連敗と苦しい戦いが続く中日に「ノーバンで届きましたから、勝ちます!」とエールを送った。

 なお、ブルゾンちえみは午後7時からCBCテレビの野球中継「燃えよドラゴンズ2018」の副音声にゲスト出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース