「ONE PIECE」尾田栄一郎氏に熊本県民栄誉賞 復興支援に尽力

[ 2018年4月4日 12:00 ]

尾田栄一郎氏が熊本復興の支援プロジェクトで描いた「ONE PIECE」のキービジュアル
Photo By 提供写真

 人気漫画「ONE PIECE」の作者で熊本県出身の尾田栄一郎氏に、熊本県民栄誉賞が贈呈されることが4日、決まった。熊本県が発表した。今月15日、県庁で贈呈式が行われる。尾田氏に代わり、掲載誌の週刊少年ジャンプ(集英社)の中野博之編集長らが出席する。

 「ONE PIECE」が全世界で大ヒットしたことや、2016年に発生した熊本地震の復興支援に尽力したことが評価された。

 尾田氏は、地震で甚大な被害を受けた益城町のふるさと納税返礼品や南阿蘇鉄道のラッピング電車、同県の今年の新成人に、「ONE PIECE」の描き下ろしコラボやメッセージ提供などで協力している。

 「ONE PIECE」は1997年に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載開始。42の国と地域で愛され、累計4億3000万部を発行し、現在も更新し続けている。2015年には「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定された。

 熊本県民栄誉賞はこれまでに、柔道の山下泰裕氏や、野球の川上哲治氏、秋山幸二氏らが受賞している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース