「す・またん」新加入の野村アナ「苦行のような毎日」 中村アナはお天気ダジャレを用意

[ 2018年4月4日 12:57 ]

読売テレビ「朝生ワイドす・またん!」に新加入した野村明大アナウンサー(中央)と中村秀香アナウンサー(左)を紹介する森たけしアナウンサー(右)
Photo By スポニチ

 放送開始から9年目を迎えた読売テレビ朝の情報番組「朝生ワイドす・またん!」(月〜金曜前5・08)のメンバーに、野村明大アナウンサー(45)、中村秀香アナウンサー(23)が新加入。4日、取材会に出席し、抱負を語った。

 森アナの2人目の“相棒”となる野村アナ。2日から出演して「朝が早いので、森さんはこんなことをよく2000回もやってこられたなと思う。苦行のような毎日」とボヤいて笑わせ、「1ファンとして楽しみに見ていた番組なので、レギュラーに加われたのは本当にうれしい」と意欲をのぞかせた。過去にも辛坊治郎キャスター(61)が休みの際に代役を務めてきたが、今後は月〜水曜の解説キャスターに。辛坊から「自由にやれよ」とエールを贈られたそうだ。

 辛坊を意識するかとの質問には「辛坊さんはアナウンス界の中でもスーパースター。あんなすごい人は他にいないというほどの別格の存在。そんな人と自分を比べるつもりは毛頭ありません」と苦笑いし「時には森さんとのおもしろい掛け合いもして、視聴者の方に楽しんでいただきながら分かりやすくニュースをお伝えしていきたい」と抱負を語った。

 入社2年目を迎えた中村アナは水曜のお天気担当。オヤジギャグのような“ダジャレ”が得意で「初本番前夜だった昨夜は緊張で眠れず、お天気のダジャレをネタ帳にいくつも書いて過ごしました」と明かした。この日の放送でも花粉情報を伝えながら「かっふーん(花粉)」とクシャミをして、いきなりダジャレを披露した。

 同席したMCの森たけしアナウンサー(58)は「今週は試運転という感じですが、まだまだおもしろくなる素質を持っている2人なので、これからが楽しみ」と期待を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース