朝ドラ「半分、青い。」初回21・8%好発進、前3作上回った

[ 2018年4月4日 05:30 ]

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを務める永野芽郁
Photo By スポニチ

 女優の永野芽郁(18)が主演するNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の初回(2日)の平均視聴率が21・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。前3作の「べっぴんさん」(21・6%)、「ひよっこ」(19・5%)、「わろてんか」(20・8%)を上回る好発進。

 ヒットドラマ「愛していると言ってくれ」(95年)などを手掛けた北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本や、人気女優・永野の清新な演技への期待の高さが数字に表れた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース