ダンカン たけし提案の軍団への株式分配話進まず「実印を持ち歩いてるんです」

[ 2018年4月4日 13:42 ]

ダンカン
Photo By スポニチ

 タレントのダンカン(59)が4日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)にゲスト出演。師匠のビートたけし(71)のオフィス北野からの独立騒動について生言及した。

 1日夜に公表したたけし軍団の声明文について「この通りです。間違いない。声明文があれが凝縮されたすべて」と声明文に誤りはないと改めて強調。今回は軍団メンバーの連名で告発文を出したが、温度差は「うちはない。不思議だよね、馬鹿じゃないかって思うぐらい。30年以上一緒にいて」と苦笑。告発文の公表にはたけしへの相談は「ない」とし、公表後はたけしには「まだ会っていない」とした。

 すべての発火点は「赤字と報告された時」だとし、「俺たちは身を粉にして、これだけフル回転で働いて、何年も優良企業でやってきたのに赤字っておかしいだろと。スタッフ全部の報酬の一覧表を見せてくれと、殿は株主ですから。会計士の先生と我々は集まって、たけしさんが見た時にこれがおかしいなと始まった。(社員の報酬が明らかになったのは)2月11日ですね」。それまでの筆頭株主だったたけしに相談なく、森社長が筆頭株主になったことについて「殿は株主ですから、そういう時に株主総会を開かないといけない。まったく相談はなかった」とし、「(森社長が)急きょ買わないといけないとなって、会社のお金で買っている。それを自分の名義にしている」と糾弾した。

 森社長との話し合いで、たけしは森社長に「(株を)手放してくれ。(オフィス北野は)一番大元は軍団で始まったんだから、社長の分を軍団に均等に分配してくれ」と提案したといい、それをその場では森社長も受け入れたという。それでも「いったんは(話は)収まったんですけど、それが全然進行していかなかった。そのまますぐに手続きをしてくれれば済んだ。しかし、待てど暮らせどというか…進まないんです」と約束が履行されていないと不快感。 騒動勃発後は、森社長との話し合いはガダルカナル・タカ(61)とつまみ枝豆(59)が代表で対応しているとし、「急に株主になるのかなと思って、正式なものだろうからとハンコを押さないといけないと思って、それからずっと実印を持ち歩いてるんです。ホントなんです、常に持っているんです」と冗談っぽく話し、笑わせた。

 ただ、話はこじれているが、現時点では「森さんとやっていこう」「ゼロからスタートしよう、森社長で」と、軍団では話し合っているとあくまでもオフィス北野の再出発を考えているとし、今後の展開は「まずは、森さんの話(反論)を聞いてから」とした。「できるなら、1週間後ぐらいに『バイキング』に出て、森さんも横にいて、軍団もいて、みんなでニコニコしながら肩組んでいたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月4日のニュース