代理母出産の丸岡いずみ 祝福の声に涙「ロシアの地で子育てに右往左往」

[ 2018年1月25日 09:22 ]

元日本テレビキャスターの丸岡いずみ
Photo By スポニチ

 代理母出産で男児をもうけたことを公表した元日本テレビキャスターの丸岡いずみ(46)が24日夜(日本時間)、自身のブログを更新。ブログに寄せられた祝福コメントに対し、感謝の言葉をつづった。

 23日発売の「婦人公論」と自身のブログで、今月3日に代理母出産で3400グラムの男児が誕生したことを明かしていた。

 「多謝」と題したエントリーで「みなさまをびっくりさせてしまいましてすみませんでした」と謝罪し、さらに寄せられたコメントをすべて読んだことを報告。代理母出産に関する考えや、現在の社会に対する意見などが書かれていたといい「読んでいくうちにいろんな思いの涙が溢れてしまいました。正直、この決断をしてから肩肘を張って走り抜けてきましたので、肩の力がふっと抜けていくのを感じました」と率直につづった。

 「強く優しい母になりたいと誓った私ですが、もし壁にぶつかった時は、このブログのみなさまからのコメントを読み返し前を向けるようにしたいです」と決意。さらに「すでに、極寒のロシアの地で子育てに右往左往しております」と現在の様子を伝えつつ「またブログで様子を書かせていただければと思っています」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年1月25日のニュース