“ご当地ソングの女王”水森かおり 今年の新曲舞台は支笏湖

[ 2018年1月26日 10:10 ]

水森かおり
Photo By スポニチ

 ご当地ソングの女王の異名を持つ水森かおり(44)の今年の新曲の舞台が、北海道千歳市の支笏湖(しこつこ)に決まった。

 曲名は「水に咲く花・支笏湖へ」(作詞たきのえいじ、作曲弦哲也)で、恋に破れた女性の一人旅の旅情が描かれる。北海道を舞台にしたのは2004年の「釧路湿原」以来14年ぶり。

 水森は「今年も初心の気持ちで一生懸命頑張ってまいります」と気を引き締めている。3月13日発売。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年1月25日のニュース