小倉智昭氏 隠ぺい体質露呈の協会にあきれ顔「相撲界にも『#MeToo』出てくる」

[ 2018年1月25日 10:27 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(70)が25日、フジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に生出演。大相撲の春日野部屋に所属していた力士(23)が弟弟子(22)の顔を殴って傷害罪で起訴され、2016年6月に有罪判決が確定していた事件について言及した。

 番組では25日未明に、被害を受けた弟弟子の元力士を独占取材。元力士は事件を公表しなかった元師匠の春日野親方をはじめ相撲協会に対し「相撲界から暴力をなくすのは難しい。事件を隠さないで公表して欲しい」と訴えた。

 またもや協会の隠蔽(いんぺい)体質が浮き彫りになり、小倉キャスターは「相撲界も『Me Too』みたいに、私もそうだったって出てくる可能性もある」と、米ハリウッドの映画プロデューサーによるセクハラ疑惑を発端にしたセクハラ告発運動「#MeToo」を例に出しコメント。木曜コメンテーターで産婦人科医の宋美玄氏も「隠蔽体質が感じられて、協会には不信感を抱いてしまう」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年1月25日のニュース