藤井四段 準々決勝で昨年優勝の井出四段と対戦 加古川青流戦

[ 2017年9月2日 10:54 ]

加古川青流戦の準々決勝で井出隼平四段と対局する藤井聡太四段(右)
Photo By スポニチ

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が2日、東京都渋谷区の将棋会館で加古川青流戦の準々決勝に臨み、昨年優勝者の井出隼平四段(26)と対局。午前10時、井出四段の先手番で始まった。持ち時間は各1時間。

 加古川青流戦は四段棋士、奨励会三段上位者、女流棋士2人、アマチュア3人による若手のトーナメント戦。勝者は午後2時からの準決勝に進み、同時に対局を行っている長谷部浩平三段―稲葉聡アマとの勝者と対局。これに勝てば、10月21、22日に行われる西田拓也四段との決勝3番勝負に進出する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年9月2日のニュース