ともちん、復刻ユニ&ショートパンツ姿で始球式 ツーバンに「60点」

[ 2017年6月24日 14:54 ]

<日・楽>始球式を行う板野友美
Photo By スポニチ

 「ベルコサンクスマッチ2017」題して行われた6月24日の日本ハム―楽天戦で、同社CMにも出演する元AKBで歌手の板野友美(25)が始球式を務めた。

 自身の誕生日、7月3日にちなみ「73 TOMO」と背中に入った東映フライヤーズの復刻ユニホームを着用しショートパンツ姿で登場。ボールは大きくそれ、ツーバウンドで捕手のミットに届いたが「一人で投げるのは初めて。緊張しましたけどそこそこ投げられました。練習ではもうちょっと良い球が投げられていたので(採点するなら)60点」と笑顔だった。

 また、「知っている選手」には所属事務所ホリプロの後輩でもある大谷の名前を挙げ「日本一だし、恐れ多いです…」と恐縮しながらも「(ケガから)復活したんですよね?これからどんどん順位を上げて欲しい」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月24日のニュース