藤江れいな、結婚宣言の須藤に「エール送りたい」 自身は“結婚しません”

[ 2017年6月24日 12:21 ]

都内で写真集発売イベントを開催した藤江れいな
Photo By スポニチ

 元NMB48でタレントの藤江れいな(23)が24日、都内で写真集「記憶 Memorial Filmes」(玄光社)発売記念イベントを開催。AKB48選抜総選挙で結婚宣言をしたNMB48の須藤凜々花(20)について言及した。

 藤江は2007年にAKB48の4期生として加入し、14年2月にNMBに移籍。アイドル生活丸10年となる5月にグループを卒業した。今回の総選挙は「初めてファンの方と同じようにテレビで観ていた」といい、20位にランクインした須藤のスピーチに耳を傾けていたら「まさかの結婚宣言。すごくびっくり。スピーチをするだけで精いっぱいなのですごいなと思った」と振り返った。

 総選挙という場での結婚宣言は「いろんな思いがあったと思う」と思いやり、「おめでとうと言うよりはエールを送りたいな」と語った。須藤本人からの連絡などはないが「本人の口から聞きたいので、今度会ったときに聞きたい」とした。

 アイドルを卒業した藤江は恋愛解禁となるが「恋愛はいい人がいたらしたい」とにっこり。しかし、「なんせうちのお父さんの見た目が怖くて有名なので、それを乗り越えられる人じゃないと無理かな」と苦笑した。結婚願望はあるが、女優の夢を掴むため「いまはしません!やらなきゃいけないことがあるので。自分の夢がかなってから」と“結婚しない”宣言をした。

 同写真集は17歳から23歳までの6年間撮りだめた写真のほか、セーラー服、白無垢(むく)姿などの撮り下ろしショットなど計144ページもの大ボリュームで「1キロ超えなんです」と藤江。タイトルにかけて「みなさんの記憶に残るような1冊になれればうれしいです」とアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月24日のニュース