2人の祖母が、海老蔵妹が…麗禾ちゃんと勸玄くんを一丸となって支える

[ 2017年6月24日 05:30 ]

小林麻央さん死去

長男・勸玄くんと成田山の節分会に臨む市川海老蔵
Photo By スポニチ

 市川宗家の跡継ぎとなる勸玄くんの世話は、麻央さんの闘病中、2人の祖母が役割分担していた。海老蔵の母の希実子さんは劇場で、麻央さんの母親は自宅で生活面をサポートしたり、幼稚園の送り迎えを行った。

 歌舞伎関係者は「最近、劇場では成田屋さんのスタッフとみられる女性が勸玄くんに付いていました。麻央さんの役割は希実子さん、海老蔵さんの妹ぼたんさんが担っていました」と語る。自宅では麻耶が一緒に遊ぶことも多いという。

 勸玄くんが歌舞伎俳優の道に進めば、いずれは成田屋を支える市川海老蔵、市川団十郎を襲名していくことになる。麗禾ちゃんは歌舞伎俳優にこそなれないが、ぼたんのように一流の舞踊家として活躍していくことも考えられる。麻央さん亡き後は、家族一丸で2人の成長を支えていくとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年6月24日のニュース