AKB“格闘技の聖地”で初プロレスイベント タッグで珠理奈VS咲良が激突

[ 2017年6月24日 16:01 ]

 AKB48が8月29日に“格闘技の聖地”後楽園ホール(東京)で初のプロレスイベントを行う。来年の総選挙で1位争いの主役になる松井珠理奈(20)と宮脇咲良(19)がメーンのタッグマッチで激突する。

 24日、千葉・幕張メッセで開催された握手会で開催概要を発表。イベント名は「豆腐プロレスTHE REAL2017 WIP CLIMAX」。女子プロレスを題材にした放送中のテレビ朝日ドラマ「豆腐プロレス」に出演したメンバーがリング上で生対決。ドラマ収録に合わせて週3回以上の極秘練習を積んだ成果をファンに見せる場となる。

 メーンのタッグマッチはハリウッドJURINA(松井)、道頓堀白間(白間美瑠)組VSチェリー宮脇、ロングスピーチ横山(横山由依)組。主催者によると、9月をめどに卒業し芸能界を引退する島田晴香(24)もヒールの「ユンボ島田」として最後の雄姿を見せる。今回の開催に向けて大家志津香(25)、宮崎美穂(23)ら14人が新規参戦。

 松井は、90年の新日本プロレス東京ドーム大会で橋本真也さんが残した「時は来た」の言葉を借りて意欲を燃やしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年6月24日のニュース