シュワちゃん番組降板へ 理由は前任トランプ氏の関与

[ 2017年3月4日 06:53 ]

 トランプ米大統領の後任として人気テレビ番組「アプレンティス(見習い)」のホスト役を務めるシュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事が番組を降板する意向を明らかにした。3日までに芸能誌のインタビューで語った。

 シュワルツェネッガー氏は理由として、トランプ氏が番組にプロデューサーとして依然関わっており、それを嫌った視聴者が番組をボイコットしていると説明した。「今は(米国が)非常に分断しており、番組はその分断に巻き込まれた」とし、「もし(再び出演を)頼まれても断るだろう」と述べた。

 アプレンティスを巡っては、シュワルツェネッガー氏がホスト役に就任後、トランプ氏が「視聴率が大きく下がり大失敗だ」とこき下ろし、シュワルツェネッガー氏がトランプ氏に「仕事を交換しよう。そうすれば人々がまた安眠できるようになる」と呼び掛ける動画をツイッターに載せるなどの応酬があった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年3月4日のニュース