モデルMALIA.3度目離婚を報告 15年元日に8歳下Jリーガーと結婚も…

[ 2017年3月4日 20:15 ]

離婚を報告したMALIA.
Photo By スポニチ

 モデルのMALIA.(34)が4日、自身のブログを更新。2015年元日に再々婚したサッカーJ2のモンテディオ山形に所属するMF佐藤優平(26)と離婚したことを発表した。

 「この度、私MALIA.は、佐藤優平さんと離婚した事をご報告させて頂きます。2人で話し合い、子供達とも話し合い、これからは別々の道を歩むことを決めました」と報告。「結婚後、彼の移籍も有り、結婚半年余りで遠距離結婚生活となり、東京と新潟、東京と山形と、別々に暮らす中で互いに家族として十分な時間を保つ事が出来ず、また、プロアスリートの妻として彼をきちんとサポート出来ない自分に対しても、もどかしさ、寂しさが日々大きくなっていました。全てを受け入れてくれた彼には感謝と尊敬の念しかありませんが、互いに別々の道を一生懸命前向きに歩んでいきますので、どうか変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します」と続けた。

 MALIA.は2001年に当時J1横浜でプレーしていたDF田中隼磨(34=現J2松本)と結婚して男児を出産したが、04年に離婚。翌05年には総合格闘家の山本“KID”徳郁(39)と再婚して1男1女をもうけたが、09年に再び離婚。15年元日に当時J1横浜でプレーしていた8歳下の佐藤と3度目の結婚を果たしていたが、これで“バツ3”となった。

 佐藤は横浜ユース、国士舘大を経て13年に横浜入り。15年途中から新潟、16年からはJ2山形へ移籍し、J1リーグ戦通算38試合に出場して1得点をマーク。昨季はJ2リーグ戦では23試合に出場して1得点を挙げていたが、今年1月に左膝関節前十字靭帯損傷で手術を受け全治半年と診断され、現在はリハビリ中。今年2月に発行された一部のJリーグ名鑑では好きな女性タレントの欄に「MALIA.」と答えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年3月4日のニュース