「曜変天目」研究家 BPOにテレ東「鑑定団」の審議を要求

[ 2017年3月4日 05:30 ]

 テレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」で、貴重な「曜変天目茶碗(わん)」と紹介された茶碗の鑑定結果を疑問視する陶芸家が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に番組内容の審議を求める意見を寄せたことが、3日に分かった。

 陶芸家は、愛知県瀬戸市在住で、曜変天目を長年研究している九代目長江惣吉さん。「鑑定結果に対して疑問の声があるにもかかわらず、テレ東は報道機関として誠実な対応をしていない」とBPOに訴えた。同局には既に、鑑定理由の公開や再鑑定の実施を求めているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月4日のニュース