菅田将暉「左江内氏」最終回出演!福田組「ゲスト大変」EDダンスも挑戦

[ 2017年3月4日 06:00 ]

「スーパーサラリーマン左江内氏」の最終回にゲスト出演する菅田将暉(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 俳優の菅田将暉(24)が18日に放送される日本テレビ「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜後9・00)の最終回(第10話)にゲスト出演する。

 「勇者ヨシヒコ」シリーズや「コドモ警察」シリーズなどで知られる演出家・福田雄一氏(48)の“ユルい”世界観が詰まったコメディー。さえない中年男がある日、突然スーパーマンになって大活躍する姿を描く。

 最終回は左江内(堤真一)の妻・鬼嫁の円子(小泉今日子)が最大のピンチに陥るが、菅田は円子を窮地に追い込む人物を演じる。役柄は「円子さんと深く関わる役」とだけ説明した。

 堤が「まさか出てくれるとは思わなかった。うれしかったですね〜」と喜ぶと、小泉も「ヤッター!って思いましたよ」と笑顔。2人の言葉を聞き、菅田は「ヤッター!!」と思わずガッツポーズを決め「実は、24歳になって初めての作品になるんですけど、本当に楽しかったです」と充実した撮影を振り返った。

 「皆が自由な福田組において、一番大変なのはゲストです」と苦労もあった様子。それでも「いい意味で左江内氏の世界を壊せていたらいいなと思っています」とインパクトを残す。エンディングの“左江内ダンス”も話題だが「そして、踊りました」と難易度の高いダンスに挑戦したことも明かした。

 菅田の役柄、ダンスの出来栄え、物語の行方が注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月4日のニュース