桂文枝 芸能生活50周年で最新創作落語 歌丸ゲストに「涙が止まらない」

[ 2017年3月4日 22:50 ]

終演後、桂歌丸への感謝を目を潤ませながら語る桂文枝
Photo By スポニチ

 落語家の桂文枝(73)が4日、大阪・なんばグランド花月で芸能生活50周年記念「半世紀落語会 〜三枝から文枝への軌跡〜」を開き、古典落語「愛宕山」や、自身の最新作となる271作目の創作落語「大・大阪辞典」を初披露した。終了後には、早くも「富士山の上で落語をやりたい」と次なる野望を掲げた。

 節目の高座で、新作を披露したことについて、「やり慣れたものをやるのもいいが、新しいことに挑戦するのが僕の姿勢」と説明した。さらなる課題として、「十何年か前にチャレンジして、9合目で高山病で失敗した富士山頂での落語をやってみたい」と笑顔。「記者の皆さんも一緒に登って取材し、高齢社会で足腰を鍛える大切さを伝えて」と報道陣にリクエストして、笑わせた。

 さらに「ここで終わるわけにはいかん。創作落語300作に向けて作り続けたい」と有り余る気力をアピールした。

 同公演には桂歌丸(80)がゲスト出演し、50年間出演した人気番組「笑点」の四方山話で沸かせた。1週間前に同市内で出演した故桂春団治さん一周忌公演と同様、酸素吸入器につながるチューブを鼻に装着しての高座。「私の代わりに出てくれる人はいないかと探したが、福山雅治や木村拓哉、稀勢の里も都合がつかず。唯一空いていたのがトランプ。あの人が来て、大阪に塀をこしらえたら大変だから、私が来た」と言って笑わせた。

 舞台袖から歌丸の熱演を見守った文枝は、「涙が止まらなかった。言葉にならない。これで悪くならないことを祈るばかり」と語り、感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年3月4日のニュース