米倉涼子、離婚語らず…「新しい恋の予感は?」質問に吹き出す

[ 2017年3月1日 14:35 ]

「ウブロ」のイベントでプレゼンターを務めた米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(41)が1日、スイスの高級時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」が未来を変革する女性に贈る「HUBLOT LOVES WOMEN for Entrepreneurship」の都内で行われた表彰式でプレゼンターを務めた。

 同賞は、起業や事業拡大を計画している女性をサポートするために創設され、約100人の応募者の中から世界の一流シェフを招へいし和食を提供するレストランを9月にオープンさせる予定の平井幸奈さんが優勝。昨年秋に「今、最も輝いている女性」として「HUBLOT LOVES WOMEN」を受賞した米倉が、活動資金200万円の目録を手渡した。

 「考えている視野の大きさにビックリ。目的があって、そこに向かってしっかりと歩んでいる人のエネルギー、人としてのオーラは色になって見える。引き続きチャレンジしていただければ、お姉さんたちも心強い」と称賛。自身も2012年にミュージカル「CHICAGO」でニューヨーク・ブロードウェーに進出し、今年7月に5年ぶりの再演が行われるが「私の場合は企業ではなく、たくさんの人に支えられてやりたいことをやろうと突き進んでいるパフォーマンス能力だけ。人をまとめることは考えなくていいので」と謙虚に話した。

 起業については、「生まれてから今まで、考えたこともない。できれば人に頼って生きていきたい。従業員や家族のことを考えるだけで吐き気がする。無理、無理、無理」と苦笑。昨年12月30日に2歳年下の会社経営者との離婚を発表して以降、コメントはしていないが、この日もプライベートに関する発言はなし。退場の際、「新しい恋の予感は?」と取材陣から問いかけられたが、吹き出すそぶりを見せただけで何も語らずに会場を後にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年3月1日のニュース