侍ジャパン、台湾戦視聴率は10・0% 試合後半に2桁記録

[ 2017年3月1日 10:51 ]

<日本・台湾プロ選抜>3回1死一塁、王柏融(後方)に逆転2ランを浴びた則本
Photo By スポニチ

 2月28日にテレビ朝日で生中継された「侍ジャパン壮行試合 日本×台湾(台湾プロ選抜)」の第2部(後8・05〜9・54)の平均視聴率が10・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

 前半の第1部(後7・04〜)の平均視聴率は9・9%。試合は、先発の則本(楽天)が3回に1死一塁から王柏融に中越え2ランを浴びるなど3回6安打3失点。2番手の牧田(西武)3番手の増井(日本ハム)も失点し、台湾に5―8で敗れた。

 侍ジャパンが世界一奪還を目指す第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド東京プールは今月7日、キューバ戦(東京D)で開幕する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年3月1日のニュース