アキラ100%R―1優勝「これからも服は着たくない」

[ 2017年3月1日 05:30 ]

「R−1ぐらんぷり2017」で優勝したアキラ100%
Photo By スポニチ

 一人話芸の日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2017」の決勝が28日、都内で行われ、アキラ100%(42)が優勝した。大会史上最多エントリー数3792人の頂点で、賞金500万円と副賞のフジテレビ系冠番組の権利を獲得した。

 とにかく明るい安村(34)を超える「安心できない、はいてない男」が圧勝だ。局部を銀のお盆で隠すのみの単純なネタ。だがサンシャイン池崎(35)、石出奈々子(32)と争ったファイナルステージで、21点中14点を獲得した。背水の覚悟で裸ネタに挑み3年目での快挙。会見では片手で持った賞金の小切手で局部を隠し、握力が持たずへたり込む場面も。「つらいけど、隠し心地は最高ですね」と笑顔。お盆から両手を放してバンザイも披露した。「これからも服は着たくない。お盆を片手にピコ太郎さんのように世界に出られたら」と、お盆に収まりきらない大きな夢を語った。



 ◆アキラ100%(あきらひゃくぱーせんと) 本名大橋彰(おおはし・あきら)。1974年(昭49)8月15日、埼玉県生まれの42歳。高校、大学時代は小劇場で俳優活動をしていた。05年に友人とお笑いコンビを結成し11年からピンに。中学の社会、高校の公民の教員免許を持つ。R―1での最高成績は昨年の準決勝。同い年の妻と2人暮らし。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年3月1日のニュース