「麒麟」田村 印税2億円使い切りベンツでバイトへ フット後藤が暴露

[ 2016年11月12日 12:10 ]

麒麟の田村裕

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(42)が10日深夜放送のTBS系「HKT48のおでかけ!」(木曜深夜1・28)に出演。お笑いコンビ「麒麟」の田村裕(37)が、ベストセラー自叙伝「ホームレス中学生」の莫大な印税を使い切った結果陥った“ちぐはぐな生活”について明かした。

 番組では後藤と「HKT48」の指原莉乃(23)が「テレビで見なくなった芸能人」についてトーク。テレビで見なくなった理由について指原は、一度稼ぎ切ったタレントはマンションを買い「家賃収入があって、だから、やりたい仕事だけをやって、やりたくない仕事はわざわざやらないのでは」と推測。一方の後藤は「そうはいかんて」とし、「売れたら、ぱぁ~って使って、(気づいたら)お金がなくなっているもの」と反論した。

 その例として挙げたのが、自著の「ホームレス中学生」がベストセラーになった田村。後藤は「今は分からないが」と前置きし「(印税で)2億円以上稼いだが、今は全然お金がない。いよいよアルバイトしなくてはならなくなった」と暴露。さらに「生活の水準を下げたくないから、(高級車の)ベンツに乗ってバイトに行くという…。何やねん。よう分からん生活」と田村の“ちぐはぐさ”を指摘して笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年11月12日のニュース