とろサーモン久保田「IPPON」初参戦に歓喜「生きていてよかった」

[ 2016年11月12日 17:00 ]

「IPPONスカウト」を制し「IPPONグランプリ」出場権を獲得した「とろサーモン」の久保田和靖

 お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田和靖(37)が年2回の大喜利の祭典、フジテレビ「IPPONグランプリ」(19日後9・00)に初参戦する。本戦出場を懸けた「IPPONスカウト」(12日後3・05)を制した。

 「IPPONスカウト」は、まだ見ぬ大喜利得意芸人の発掘プロジェクト。1252人が「全国一斉大喜利ペーパーテスト」に参加し、その中から優秀な答えを出した6人、おほしんたろう(31)、久保田、シャンプーハット・こいで(40)、トレンディエンジェル・斎藤司(37)、ラバーガール・飛永翼(33)、レイザーラモン・レイザーラモンRG(42)が選ばれ、本戦を目指して争った。

 激戦を制した久保田は「甲子園みたいなものなので、出たいなと思っていました。東京のスタッフの方々が認めてくれたんだなと、うれしかったです。生きていてよかった」と喜んだ。

 第16回大会となる今回の本戦出場者は以下の10人。今回の出場者はロバート・秋山竜次(38)、麒麟・川島明(37)、千原兄弟・千原ジュニア(42)、ロッチ・中岡創一(33)、永野(42)、バカリズム(40)、ふかわりょう(42)、ネプチューン・堀内健(46)、オードリー・若林正恭(38)、IPPONスカウト枠の久保田。

 中岡、永野、ふかわ、久保田が初出場というフレッシュな顔ぶれに、優勝経験者は5人。大喜利王に輝くのは誰か――。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年11月12日のニュース