激戦日曜ゴールデン 期待できる「フルタチさん」 勝負所は「予告」

[ 2016年11月12日 10:30 ]

フジテレビの新バラエティー「フルタチさん」のMCを務める古舘伊知郎

 今年3月にテレビ朝日「報道ステーション」を卒業して以来、フリーアナウンサー・古舘伊知郎(61)の初のレギュラー番組、フジテレビ系「フルタチさん」(日曜後7・00~8・54)が6日にスタート。初回の平均視聴率は8・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。日曜の同時間帯は各局とも人気番組が多く、視聴率を高い水準でキープするのは至難。だが、「フルタチさん」の視聴者の反応は良く、今後に期待を抱かせるものとなった。

 データニュース社(東京)の満足度調査(対象3000人)によると、「フルタチさん」初回の満足度は3・39(5段階評価、高満足度基準は3・7)。同時間帯で見ると日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」3・83、同「世界の果てまでイッテQ!」3・93など高満足度番組だらけ。

 しかし、「フルタチさん」の視聴者回答を分類すると、「番組に引き込まれたー。すごくよかった!!」(56歳女性)、「古舘さんの話の全てが面白かったです」(44歳女性)など、5点満点中4点以上を付けた視聴者が全体の約48%と好意的な視聴者が多かった。その一方で、「(今後)古舘流が生かせるかみもの」(58歳男性)、「古舘さんが好き放題しゃべるのは、今の所は面白いと思う」(51歳男性)など、3点の視聴者が34%と、新番組だけにまだまだ様子見という雰囲気も漂う。

 この番組の大きな目玉である古舘への評価だけでなく、「Yahoo!ニュースが作成されるまでの様子が面白く、一番印象に残った」(61歳女性)、「ギャラが高い子役と低い子役の差がおもしろかった」(33歳女性)、など、番組内容や企画に対しての高評価も多く、番組の質が受け入れられた点は期待が持てる。

 今回は初回なのでとりあえず見たという視聴者も多い。中には「今度からは予告で面白そうだったら見るかも」(49歳女性)というのがその端的なもので、第2回以降は古舘のしゃべりだけではなく、もう一つの生命線は当然ながらどのようなメニューが並ぶのか、だ。制作側も「これは!」というラインナップを提供してくるのだろうが、その思いが届くかどうか。何人の視聴者に予告で見てみようかな、という気持ちにさせるかどうか。古舘とともに、今後繰り出されるさまざまなネタに注目したい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月12日のニュース