ボウイさん遺品に44億円 絵画やオブジェ収集芸術350点を競売

[ 2016年11月12日 19:34 ]

 今年1月に69歳で死去した英ロック歌手デビッド・ボウイさんが収集した絵画などの芸術作品約350点がロンドンで競売に掛けられ、計3290万ポンド(約44億円)で落札された。主催者の競売大手サザビーズが12日、明らかにした。

 競売は10~11日に行われ、ボウイさんが英芸術家と共作した絵画や所有していたオブジェなどが出品された。最も高い価格で落札されたのは米国人画家の故ジャンミシェル・バスキアの絵画で約710万ポンドだった。

 ボウイさんは芸術作品の収集家としても知られていた。サザビーズによると、これまでにないほどの高い関心が寄せられ、予想された落札額を大幅に上回った。ボウイさんの代理人は競売に際し「ボウイさんが作品に注いだ愛情を多くの人に共有してほしい」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年11月12日のニュース