アグネス、アジア親善大使に 世界各地の児童惨状伝える

[ 2016年3月7日 15:31 ]

 国連児童基金(ユニセフ)は7日、歌手アグネス・チャンをアジア親善大使に任命した。アジアをはじめ世界各地の紛争・災害現場を訪れ、子どもたちが置かれた惨状を人々に伝える役割を担う。

 アグネスは「アジアの子どもたちは大きな可能性を持っている。でも、その花を咲かせるためには私たちの助けが必要です。一緒に声を上げてゆきましょう」とコメントした。

 ユニセフは、著名人をアジアやアフリカ地域などで活動する大使に任命。アグネスを含め計16人に上る。

 アグネスは1955年、香港生まれ。72年に「ひなげしの花」で歌手デビューした。98年、日本国内でユニセフの募金・広報活動をする日本ユニセフ協会の大使に就任。同協会大使は7日付で退任した。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月7日のニュース