日曜視聴率対決は「イッテQ」に軍配 真田丸、卓球、R―1を上回る

[ 2016年3月7日 10:41 ]

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の好調を支える1人、イモトアヤコ

 6日に放送された日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が平均視聴率19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。注目番組が集中した日曜午後8時の視聴率対決を制した。

 「イッテQ」のほかに好調のNHK大河ドラマ「真田丸」(後8・00)、テレビ東京「世界卓球2016男子団体・決勝 日本×中国」(後7・54)、フジテレビ「R―1グランプリ」(後7・00)と注目度の高い番組がそろった。

 「真田丸」は16・6%で自己ワースト。「世界卓球男子団体決勝」は11・8%(後8・34からの119分間平均)、「R―1」は11・8%と2桁を稼いだが、「イッテQ」が20%に迫る数字で視聴率対決を制した。

 これで3月6日までの8度の「イッテQ!」と「真田丸」との視聴率対決(イッテQ!が1回休止)は4勝4敗となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月7日のニュース