フジ大改編も 「めちゃイケ」「みなさん」「スマスマ」は継続

[ 2016年3月7日 11:01 ]

「とんねるず」の石橋貴明(左)と木梨憲武

 フジテレビが7日、都内のホテルで4月改編記者発表を開催。大規模改編を発表する中、GP帯の長寿バラエティーの継続を発表した。

 長年人気を集めた「ライオンのごきげんよう」、東海テレビの昼ドラを終了し、平日15時間生放送と大幅な改革を断行。改編率も全日19・9%、ゴールデン帯36・0%、プライム帯37・8%と大きいものとなった。

 そんな中、かつて人気だったが、視聴率低迷に苦しむGP帯の長寿番組の継続が決まった。1つはお笑いコンビ「ナインティナイン」がメーン司会を務める「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)。深夜番組「めちゃ2モテたいッ!」(95年10月スタート)をゴールデンタイムにリニューアルする形で96年10月よりスタートし、この10月で放送開始20年を迎える長寿番組だが、近年は打ち切り説も出ていた。2月27日に放送されたスペシャル版では、番組唯一の素人レギュラーとして出演していた“三ちゃん”こと三中元克(25)が念願だったお笑い芸人になったことを受け、改めてメンバーオーディションを受験するも、“国民投票”の結果で番組を卒業することが決まったばかり。この春の継続は決まったもの、根強い打ち切り説がある中、20周年となる秋の改編でも動向が注目される。

 2つ目はお笑いコンビ「とんねるず」が司会を務める「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)。88年10月の前身番組のレギュラー放送開始から27年目を迎える長寿番組で、「食わず嫌い王決定戦」「モジモジくん」「男気ジャンケン大人買いの旅」など名物コーナーが人気を集めてきた。こちらも一部メディアで打ち切り説も出ていたが、この4月改編での継続が決まった。

 また、1月に勃発したSMAPの事務所独立騒動の影響もあり、番組存続が注目されていたSMAP5人が唯一そろってレギュラーを務める人気バラエティー番組「SMAP×SMAP」(月曜後10・00)も継続を正式発表。1月18日放送回の5人そろっての生謝罪は高視聴率を記録し、大きな注目を集めた。長年高い視聴率を誇り、人気を集めてきた同番組も10月で番組20周年の節目を迎える。いずれにしても、打ち切り説がくすぶる中での今回の継続決定。今後どうなっていくのか、気にかかるところだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年3月7日のニュース