本田翼 ドラクエマニアぶり発揮!堀井雄二氏うならせた

[ 2016年1月13日 17:15 ]

ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会に出席した本田翼

 モデルで女優の本田翼(23)が13日、都内で行われたPRG「ドラゴンクエスト」の30周年プロジェクト発表会にゲスト出演した。

 ドラゴンクエストのファンであることを公言している本田は「魔法使いっぽくした」というブルーのミニ丈ワンピースで登場し、美脚を披露。兄がやっていた同ゲームを見たのをキッカケでファンになったそうで「自分でやったのは12歳のときで『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』です」と回顧。ゲームはとことんやるタイプだそうで「1日お休みだったら、前日に食料を買い込んでスタンバイしてから18時間とかやっています」と本気度を明かした。

 そんな本田は、同ゲームの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二氏(62)に質問してはと司会から提案されると「いいんですか?」と恐縮しつつも「ドラクエ6のバーバラは、マスタードラゴンなんですか?」とマニアしか分からない質問。「すごい質問だ!」と堀井氏をうならせ、制作陣への要望を求められた本田は「作ってくださっている方に言うのは失礼なんですが」と前置きをしつつも、「物語に終わりがあるというのが好きで、最近、続いていくものが多いなって思っているので、RPGには終わりを作っていただけたらなと」とズバッと言い放った。

 また、同発表会では、2月末から放送されるスマホゲーム「星のドラゴンクエスト」のTVCMに、本田が出演することも発表され、本田は「装備をさせてもらったんですけど、それが本当に嬉しくて、宝箱をあさっている設定もドラクエの世界観に入れたみたいで、終始楽しい撮影でした」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年1月13日のニュース