ベッキー 女子会で「不倫」止められたが…結局、川谷の術中に

[ 2016年1月13日 06:45 ]

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との交際について親しい女優らに相談していたベッキー

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん、27)と不倫疑惑騒動の渦中にあるタレントのベッキー(31)が、親しい女優らに川谷との関係について相談していたことが12日、分かった。

 関係者によると、昨年11月下旬ごろ、ベッキーは女優ら数人との女子会の場で、川谷を好きになったことを告白。同時に川谷が妻帯者であることと、川谷からは「妻とはすぐに別れる」と言われていることも明かしたが、周囲からは「それは不倫だからやめた方がいい」と、交際をしないように止められたという。

 相談したのは、NHKの朝ドラでヒロインを務めたこともある女優と、お笑いタレント、モデル出身の女優ら。以前からいろいろと話し合う親しい間柄で、女子会があった11月下旬は、ベッキーと川谷の関係が初デートなどを経て親密になり始めた時期と重なる。

 関係者は「恋愛経験の少ないベッキーは相当悩んでいたようだ。川谷の言葉と友人の助言の間で揺れているような感じだった」と振り返った。ベッキーは友人らの助言を受け、川谷が夫人と別れるまで交際しないという意思を固めたが、その後、正月に2人で長崎市内の川谷の実家に訪れるなど、親密な関係へと発展した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年1月13日のニュース