世界中にボウイ・ロス広がる…日本国内では遺作アルバム在庫切れ

[ 2016年1月13日 05:30 ]

死去したデビット・ボウイさん(AP)

 がんのため69歳で亡くなった世界的ロック歌手、デビッド・ボウイさんの訃報から一夜明けた12日、出生地の英ロンドンをはじめ世界各地で熱心なファンが死を悼んだ。日本では、遺作となった8日発売のアルバム「ブラックスター」の売り上げが急増し、小売店で品切れが続出。追加の注文が相次いだためレコード会社の在庫が底をつき、追加生産に追われた。

 音楽だけでなく、幅広いカルチャーに影響を与えたカリスマを世界が惜しんだ。ニューヨーク・マンハッタンの自宅マンション前には、ボウイさんの写真やろうそくが、花束やブーケとともに並んだ。出身地のロンドン南部ブリクストンでは、ボウイさんの壁画の前に花束が次々と手向けられた。「この悲しみは言葉で表せない」などと書かれたメッセージボードも添えられ、ファンらがヒット曲を口ずさんだ。英紙デーリー・ミラーは死因について、友人の話を引用し「肝臓がん」と報じた。

 ロック界の大物たちも追悼のコメント。公私ともに交友が深く、両性愛者だったボウイさんとかつて肉体関係にあった可能性を複数の書籍で指摘されているミック・ジャガー(72)は「いつだって僕のインスピレーションだった。彼は仕事において、素晴らしく恥知らずだった」としのんだ。故ジョン・レノンさんの妻オノ・ヨーコ(82)は「ジョンとデビッドはお互いを尊敬し合っていた。2人の知性と才能はよく調和していた」と振り返った。エルトン・ジョン(68)、オジー・オズボーン(67)らもコメントを発表した。

 日本では、各地のレコード小売店で特設の売り場が設けられ、「ブラックスター」が品薄に。レコード会社のソニー・ミュージックは「品切れ店舗も少なからず出ているそうです」という。ソニーには「予想以上」の追加注文があり、在庫がゼロに。「出荷できる状態にするべく、生産に追われている」と話した。

 主な過去の作品の生産、販売を手掛けるワーナーミュージックにも名作「ジギー・スターダスト」(72年)「レッツ・ダンス」(83年)をはじめとした注文が殺到。担当者は「ベスト盤などをまめに出すため、普段の売れ行きも高い方だったがきょうの注文は3倍近い数」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年1月13日のニュース